冬樹舎

2/7発売!
医師が実践する超・食事術
―エビデンスのある食習慣のススメ―
稲島 司著
四六判 1,400円+税

ビジネスの第一印象を決めるのは「見た目」。「見た目」は食事で変えられます! 
■カラダが健康であれば肌がキレイでスマート、若々しい―これは医学的に証明された事実。
そのために、東大病院医師である著者は科学的根拠に基づく食事のキホンを守っています。
朝に丼1杯の野菜、お米は1日におにぎり1個、パン・パスタは食べない、牛乳は飲まない…
おかげで、アトピー性皮膚炎はおさまって美肌になり、血管年齢は実年齢よりマイナス10歳。また、若々しくスッキリとした体型を維持できています。
■「見た目」が若くスマートである =カラダの自己管理ができている
スマートで若々しい「見た目」は「仕事ができる印象・信頼感を生む」ということです。
■著者が自ら実践する食事の内容にはすべて信頼できる出典を明記し、科学的根拠(エビデンス)をベースにした食事法をやさしく説きます! 
■ヨーグルト、ココナッツオイル、EPA・DHA、エゴマ油、赤ワイン、コラーゲンなど、巷(ちまた)で〝カラダに良い″と言われている食べ物もエビデンスに照らして総点検!

<著者プロフィール>
稲島 司 いなじま・つかさ
東京大学医学部附属病院地域医療連携部助教・循環器内科。2003年東京医科大学医学部卒業。東京大学大学院医学系研究科修了(医学博士)。総合内科専門医。循環器専門医。認定産業医、認定健康スポーツ医。野菜ソムリエ。心臓カテーテルをはじめとする循環器内科専門診療にあたるほか、外来診療などで生活習慣病の予防や改善に務める。著書に『血管を強くする歩き方』(共著、東洋経済新報社)、監修した書籍に『長生きしたけりゃパンは食べるな』(フォーブス弥生著、SB新書)などがある。講演会や勉強会は、科学的な根拠のある食事を提唱し、大量の論文を引用しながらも素人にもわかりやすく「落語のようにおもしろい」と評判。

(2018.1.11)

超食事術 本番表1 カバー.jpg





好評既刊


hp.png

_seifu_cov0507[1].jpg好評既刊